サブコンテンツ

エルメスの歴史からもわかるこだわりと、特別感をラグジュアリー戦略

エルメスといえば、ブランドのブランドと呼ばれる戦略を打ち出していることで知られています。 高価であっても売れる強いブランドを構築するということが、最大の特徴だといえるでしょう。
これは、市場に対して、高品質であるが低価格で提供するという、マーケティングの基本理論を打ち崩すような展開でもあるともいえます。

エルメス ブランドバッグ販売のお得なお店

エルメス・シャネル・ルイ ヴィトンならセレブブランドにお任せ下さい!
ブランド品の品揃えが豊富な通販専門店です!。

それだけ、顧客に対する信頼度の高さを構築できていたということであり、ラグジュアリー戦略と呼ばれます。
歴史があり物語があって品質にこだわった商品、高価格で宣伝もしないで販売する方法であり、顧客に対して特別感や優位性を提供する戦略です。
こういったエルメスのこだわりは、シェアを主眼とする他のメーカーと一線を画すといえるでしょう。

エルメスはラグジュアリー戦略を打ち出したときに、信頼を得られるだけの歴史も持っています。
1837年に馬具工房としてスタートしたエルメスはナポレオン三世やロシア皇帝にも愛されご用達馬具商となりました。
現在のようにバッグを作り出したのは1890年代であり、馬鞍を収納するものを作ったところから始まります。
馬にのって旅行に行けるようなバッグを作り出ししていくわけですが、ファスナーの特許まで申請しバッグに使っていくのです。
その後、エルメスの象徴ともいえるスカーフを1937年から売り出し、1984年にはバーキンを発表していくのです。

常に最高級品を作り出し、最高峰と呼ばれるだけの品質を追求する姿には、妥協というものが存在しません。
最高級品を手にしたいと思う顧客に対し、納得できるこだわりの逸品を提供する姿勢は、開業当初から続く伝統でもあったのです。

注目ブランドバッグの高価買取のお店

No.1どこよりも高くを挑戦しています
喜んでいただけるような高額のブランド買取りを実現!
お電話でのお問い合わせでも、もちろん受け付けております。

Yahoo!知恵袋の「エルメス」についてのベストアンサー

質問内容

エルメス製品の買取 まず最初に、私は転売したいわけではありません。 買取先もブランドショップがほとんどなので、定価の半額以下でしか買い取ってはもらえません。 なのですが、その時は、これを逃すと、この型にはまたしばらく出会えないかもしれない、と思ったり、このカラーのバッグは欲しいけれど、このバッグのこのサイズが欲しいわけではないが、このカラーはこれを逃すと購入できないかもしれない、と思って、本当にそのときに欲しいカラーとサイズでなくても購入してしまいます。 結果的には、自分が欲しいベストのものではないので、何回かしか使わなかったり、使う機会がなかったりしてしまいます。 あるいは、その時は良いと思って購入しても、実際使ってみるとちょっと、と感じて使わないものもあります。 そうこうしているうちに、たまに自分の本当に欲しいものピタリに出会え、購入し、よく使うものもあります。 恥ずかしながら、そこまで経済的に余裕があるわけでもないので、本当に欲しいバッグが購入できたら、自分の中で優先順位の低いものは、購入時の付属品全てつけて買取に出していました。 エルメスでは顔見知り程度の店員さんは居て、名前は覚えてもらっています。 将来的には、バーキンやケリーも買いたいので、そのためにも、エルメスのバッグをずらっと棚に並べるような余裕はないので、買取に出していること自体は、自分の経済状況的に仕方ないし、バッグは使ってこそ意味があると思うので、あまり使わないバッグを並べることはしたくはないのですが… 買取に出したものが、なんらかの形で自分のことを知ってくれている店員さんのもとに行くと、さすがに気まずいし、本当に欲しいものが買えなくなるのも嫌です。 失礼な質問なのですが、エルメスで担当付き顧客の方々は、買取など利用されたことはないのでしょうか? エルメスでの長いお付き合いを考えるならば、買取に出さない方が良いのは分かってはいるのですが、他のブランドのように、いくつも並べて、本当に気に入ったものを買うということができない立場でのエルメスでの買い物なので、買ってみて、使ってみて、本当に気に入ったものしか手元に残せません。 このことで、今後購入できる可能性があるとして、バーキンやケリーの購入に差し障りがあるでしょうか? エルメスのバッグの購入も、こんな状況ですので、年に数個、低い価格帯のものばかりなのですが、それでも取捨選択してしまっています。 買うのも売るのもそんなに数は多くありません。 失礼ではありますが、買取を利用されたことがある方、いらっしゃれば、その後のエルメスでの買い物に支障はありましたか? バーキンケリー以外のバッグは、自分にとって使いやすいカラーとサイズを(取捨選択の結果)揃えられてきたので、そろそろバーキンケリーに絞っていきたいのですが、急にすごく不安になってしまい、失礼な質問だとは思いながら、伺いました。

ベストアンサー

先の方もおっしゃってますが、お店の方はバッグの行き先は何となく把握されてると思います。 ”あのバッグ最近どうですか?”や”また見せてくださいね”など言われますよ。 質問を読んでいると、見送る勇気も必要なんじゃないかなあ…と思いました。 確かにエルメスの革製品は出会いで、その時を逃したら買えないものばかりですが、転売の時にでる差額分でバーキンやケリー買えるのでは…と思いました( ̄▽ ̄;) 私はバックや革小物を紹介してもらい、ちょっとでも悩むときはお断りします。どんな人気のバッグや、カラーでもです。 気にいるものなら、見た瞬間”誰にも渡したくない”と思うぐらい、ビビッと来るからです。 ビビッと来なければ、見送ります。
詳しくはこちら

質問日時:2017/02/19 08:34:49 回答数:2

質問内容

バーキン30、ボリード31、ガーデンパーティtpm いずれもエトゥープとボリード31ゴールド、ピコタンMM エタンを持っています。ロデオを買いたいのですが、GM とMMどちらにしょうか で悩んでいます。私のバックサイズにはど れがよいとおもわれますか? お持ちになっているかた?詳しい方のご回答をお待ちしております。宜しくお願いいたします。

ベストアンサー

ローズアザレMMのロデオをピコタンロックに付けています。同色系の組合せも良いと思います。
詳しくはこちら

質問日時:2017/02/19 07:01:37 回答数:1

質問内容

エルメスについてお尋ねしたいのです。 エルメスのレザー製品は店頭ではなかなか見かけません。ましてやバーキンやケリーといったバックは聞いても数回しか出会ったことがなく、色やサイズも自分の好みではないことが多かったです。 また海外旅行でヨーロッパに行った際も、日本人からなのか、私に品格が足りないのか、言葉も通じませんのでバックを売ってもらうことすらできませんでした。 好みのバックを確実に手に入れるには、専門店のようなお店しかないのでしょうか、、、? 友人たちも足繁く通っていますがなかなか出会えたという話を聞きません。それでも頑張って、出会いにかけて通うべきなのでしょうか?数十万数百万上乗せして専門店で買う気にはなかなかなれません。外商に頼むなどいろんな手があると聞きますが、どうしたら出会えるでしょうか?アドバイスをお願いします。

ベストアンサー

ご希望のバッグが何なのかによっても変わってくると思います。 バーキン・ケリーの人気カラー・サイズで かつ革の種類、金具まで指定してしまうと中々出会いは難しいと思います。 例えばバーキン25・30のトゴ、エプソンでゴールド金具であったり、エトープ、グリトゥル、トレンチなどは中々フリーの在庫がありません。ピンク系は一見さんや一般顧客では絶対に無理です。 それ以外のバッグであれば、店舗によっては予約も可能と思います。ただ、ボリード、ピコタン、ガーデンパーティの人気色は難しいでしょうね。 Instagramなどでも、外商から買ったと言っている方がいますが、わりと不人気色の不人気の革のことが多いです。。革がスイフトだったり、色は真っ青とかグリーンとか、渋めの色とか。 海外店舗は日本以上に購入履歴を重視しますので、バーキンやケリーのみ探していても、まず在庫から出しません。先に靴やプレタ、ジュエリーを欲しいバッグの価格分くらい購入して、その後で「バーキンはあるか」と聞くと在庫から出してくる可能性はありますが、それもご希望の物が出てくるとは限りません。 王道の方法としては、行きつけと店舗で担当を作り、レザー製品以外も色々買ってバーキン・ケリーの紹介・予約を待つ方法と、外商に声がけをしておく方法があります。 希望のレザー製品しか欲しくないのであれば、専門店の方が最終的には絶対に安くつきます。爆買いが治まって、専門店の価格も下がってきていますよ。 黒、ゴールドなどは定番色なので、革の種類や金具にこだわらなければ出会いもあるとは思います。
詳しくはこちら

質問日時:2017/02/18 21:32:42 回答数:5

このページの先頭へ