エルメスの歴史からもわかるこだわりと、特別感をラグジュアリー戦略

ブランドイメージ

エルメスといえば、ブランドのブランドと呼ばれる戦略を打ち出していることで知られています。
高価であっても売れる強いブランドを構築するということが、最大の特徴だといえるでしょう。
これは、市場に対して、高品質であるが低価格で提供するという、マーケティングの基本理論を打ち崩すような展開でもあるともいえます。

エルメス ブランドバッグ販売のお得なお店

エルメス・シャネル・ルイ ヴィトンならセレブブランドにお任せ下さい!
ブランド品の品揃えが豊富な通販専門店です!。

エルメス 通販専門店セレブブランド

それだけ、顧客に対する信頼度の高さを構築できていたということであり、ラグジュアリー戦略と呼ばれます。
歴史があり物語があって品質にこだわった商品、高価格で宣伝もしないで販売する方法であり、顧客に対して特別感や優位性を提供する戦略です。
こういったエルメスのこだわりは、シェアを主眼とする他のメーカーと一線を画すといえるでしょう。

エルメスはラグジュアリー戦略を打ち出したときに、信頼を得られるだけの歴史も持っています。
1837年に馬具工房としてスタートしたエルメスはナポレオン三世やロシア皇帝にも愛されご用達馬具商となりました。
現在のようにバッグを作り出したのは1890年代であり、馬鞍を収納するものを作ったところから始まります。
馬にのって旅行に行けるようなバッグを作り出ししていくわけですが、ファスナーの特許まで申請しバッグに使っていくのです。
その後、エルメスの象徴ともいえるスカーフを1937年から売り出し、1984年にはバーキンを発表していくのです。

常に最高級品を作り出し、最高峰と呼ばれるだけの品質を追求する姿には、妥協というものが存在しません。
最高級品を手にしたいと思う顧客に対し、納得できるこだわりの逸品を提供する姿勢は、開業当初から続く伝統でもあったのです。

注目ブランドバッグの高価買取のお店

ページの先頭へ