サブコンテンツ

エルメスの歴史からもわかるこだわりと、特別感をラグジュアリー戦略

エルメスといえば、ブランドのブランドと呼ばれる戦略を打ち出していることで知られています。 高価であっても売れる強いブランドを構築するということが、最大の特徴だといえるでしょう。
これは、市場に対して、高品質であるが低価格で提供するという、マーケティングの基本理論を打ち崩すような展開でもあるともいえます。

エルメス ブランドバッグ販売のお得なお店

エルメス・シャネル・ルイ ヴィトンならセレブブランドにお任せ下さい!
ブランド品の品揃えが豊富な通販専門店です!。

それだけ、顧客に対する信頼度の高さを構築できていたということであり、ラグジュアリー戦略と呼ばれます。
歴史があり物語があって品質にこだわった商品、高価格で宣伝もしないで販売する方法であり、顧客に対して特別感や優位性を提供する戦略です。
こういったエルメスのこだわりは、シェアを主眼とする他のメーカーと一線を画すといえるでしょう。

エルメスはラグジュアリー戦略を打ち出したときに、信頼を得られるだけの歴史も持っています。
1837年に馬具工房としてスタートしたエルメスはナポレオン三世やロシア皇帝にも愛されご用達馬具商となりました。
現在のようにバッグを作り出したのは1890年代であり、馬鞍を収納するものを作ったところから始まります。
馬にのって旅行に行けるようなバッグを作り出ししていくわけですが、ファスナーの特許まで申請しバッグに使っていくのです。
その後、エルメスの象徴ともいえるスカーフを1937年から売り出し、1984年にはバーキンを発表していくのです。

常に最高級品を作り出し、最高峰と呼ばれるだけの品質を追求する姿には、妥協というものが存在しません。
最高級品を手にしたいと思う顧客に対し、納得できるこだわりの逸品を提供する姿勢は、開業当初から続く伝統でもあったのです。

注目ブランドバッグの高価買取のお店

No.1どこよりも高くを挑戦しています
喜んでいただけるような高額のブランド買取りを実現!
お電話でのお問い合わせでも、もちろん受け付けております。

Yahoo!知恵袋の「エルメス」についてのベストアンサー

質問内容

エルメスのクロコ クロコのバーキン、ケリーで2017ssは何色で発表がありますか?

ベストアンサー

ポロサスの紹介はありましたよ。他はチェクしてませんが。税抜きで650万円です。
詳しくはこちら

質問日時:2017/02/27 04:32:30 回答数:1

質問内容

この写真の女性の着物は、裄が短いのでしょうか。 友里某という評論家のブログに、林真理子女史の結城紬着物の写真が載っていて、 裄が短いとか、 野良着もとい普段着の結城紬とか、 着物に腕時計はご法度、とか 着物にバーキンのバッグも合わないとか、 いろいろなことが書いてありました。 裄が短いんですかね、普通に見えたけど。 素敵な着物だと思いましたが、野良着もとい、と言われるものにみえませんでした。 林真理子さんのファンなので、ちょっとショックです。 tomosato.net/weblog/%E8%87%AA%E8%99%90%E3%81%8C%E5%BE%97%E6%84%8F%E6%8A%80%E3%81%A0%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%82%E3%80%81%E3%81%93%E3%81%AE%E7%9D%80%E7%89%A9%E5%A7%BF%E6%99%92%E3%81%97%E3%81%AF%E3%81%84/

ベストアンサー

短くないですよ。しかも、これ新◯楽のお席の時ですよね。 受賞パーティの時は華やかな紅型や、訪問着ですよ、いつも。 選考会、料亭の座敷で、男性作家さんもいろんな格好です。ちゃんと場にあった衣装だと思います。 いちゃもんつけたい人はなんにでも噛み付くから^_^ 林さんは、とても感じ良いし、礼儀正しくて、私は好きです。作品はぴんときませんが、お喋りするとおもしろいです。
詳しくはこちら

質問日時:2017/02/25 23:16:49 回答数:9

質問内容

エルメス鞄について調べています。トゴ、クレマンス、エプソンを候補にしています。60代近いので重いのは避けています。ネットで検索していても新品はとても高く、中古は角摩れやくたびれたバーキンなどがアップされています。一 生ものといわれていますがボロボロ手前で売りにだしている方の多さ思うと、本当に一生ものなの?直営店で何年も待って買うものなのかな?と疑問をもちました。 お好きなかたはシーズン毎に買われているとのコメントを拝見しています。 皆さんお得意様ばかりのようですので、 そこまでして重いバーキンを買われているいるのはなぜでしょうか?生活の一部で使っているのか見栄のための優越感か、満たされない心を高級品で埋めているのか? 某ブランドセールスの仕事をしているので、高額を使ってくれるかたは良い意味でお得意様、どんどんご案内はしています。悪い意味で、カモには売り付けろ儲けををとることを優先しているので、寂しい方ほど高額を使ってくれます。そんな裏事情で興味はあるのですが、自分は買えずにいます。バーキンを使われているお客様が重くてね?とおっしゃりながらいつも持ってきてみせてくれるので、 色んなご意見お待ちしています。

ベストアンサー

エルメスは世界でもトップクラスの皮革を生産する「アノネイ社」と「デュプイ社」を自社専用の傘下として買い取ったので、使用している皮革のクオリティはルイヴィトンで使用しているものより上質で「世界最高級」といっても過言ではありません。 また、ルイヴィトンやシャネルにも職人がいますが基本的に縫製はミシンです。 一方のエルメスの皮革製品はすべて手縫いなので大量生産できず「贅沢品」としての価値も高いです。 たとえばエルメスの場合はエルメスの手袋を作成する職人の住む村が南仏にあり、職人育成の施設や職人家族のための生活保障の設備も完備している徹底振りです。 つまり、最高品質と技術のためにはコストを惜しまないため、製品もおのずと高額になります。 ただし、残念ながら世界最高峰の品質と技術の集大成のエスメスバッグでも「一生もの」というのはありえません。 バーキン本人はバッグを丁寧に扱わないので、5年でバーキンに穴が開き持ち手が取れるように、毎日使えば駄目になるのも早いです。 現在のように高級バッグを「日常で使う」ようになったのは90年代頃からでしょうか。それ以前は高級バッグは年に数度「特別な場で持つ」ために使って普段は大切に保管し、高級バッグを毎日使うような文化はどの国にもほとんどありませんでした。 なので、祖母が持っていたエルメスを孫娘に譲る、みたいなケースもあって「一生もの」というイメージだけが一人歩きしたのだと思います。 また、エルメスのバーキン、ケリー、ボリードなどは、女優や王妃の愛用品という高級イメージもありますし、オリジナルバッグから多少のデザインリニューアルはあったものの、100年近くデザインがほとんど変わらない「流行に左右されない」数少ないバッグでもあります。 なので、先ほどの「一生もの」というファンタジーとセットで「高くてもずっと持てるもの」というイメージが強いのだと思います。 まあ、ぶっちゃけてしまえば「安い牛肉も超高級和牛も、放置すれば同じように腐る」ように、高級皮革は丈夫、ということもありません。 エルメスのバーキンもいうなれば「所詮革でできた消耗品」です。 これらを買う理由は人それぞれだと思いますが、まず人間はたった一つの理由では物を買ったり行動はしません。 「見栄を張りたい」「さびしい」「ストレス」「セレブ気分を味わいたい」「品質がいい」「一生ものとして持ちたい」「お金が余ってる」「デザインが好き」「似合うから」「いずれ転売できる」など、ネガティブな理由やポジティブな理由が複数重なっていると思います。 なので「なぜ入手しにくいものを欲しがるか」については、「人ぞれぞれで、みんなが同じ理由とは限らない」だと思います。
詳しくはこちら

質問日時:2017/02/25 21:22:42 回答数:3

このページの先頭へ