エルメスのバーキン35も

存在感イメージ

バッグというと、ある程度の容量があって、なんでも入れられるものはとても便利です。
エルメスのバーキン35も、そんな便利なサイズのバッグといえるでしょう。
ビジネスでもプライベートでも使える35cmサイズは、本来バーキンが目指していた、どんなものでも気にせず入れられる、本来の魅力に満ちています。

ビジネスの場を考えていくと、様々なものを一つに入れられることは大きな魅力です。
最近では、手帳やノート類というものに代わり、タブレットやモバイルPCに移り変わる中、ある程度のサイズがなければ収めることが難しくなってきています。
そういった面でも35㎝というサイズは、余裕をもって入れることができ、余計なバッグを増やさないで済むといえるのです。

存在感にも違いがあります。
25や30とは違い、他を圧倒する気品があり、それでいて嫌味ではない雰囲気を与えてくれます。
持つ人に高い満足感を与えてくれる一方で、ゴージャスな雰囲気も醸し出してくれるのが、このバーキン35であるといえるでしょう。

バーキンの中でも、35㎝が人気だというのは、何も存在感ばかりでもありません。
エルメスが厳選した皮を使っているからということがあります。
馬具を作るところからスタートしたエルメスは、高い耐久性を持った製品を作ることに長けています。
バーキンも、短期間で消耗してしまうようなバッグではありません。
数十年の使用にも耐えられるほど丈夫な高い耐久性を持っているからこそ、どんな場にでも長く使っていける35㎝は高い人気を誇っているのです。

ページの先頭へ